江戸大名の本家と分家 - 野口朋隆

江戸大名の本家と分家 野口朋隆

Add: ynudy11 - Date: 2020-11-28 23:57:15 - Views: 56 - Clicks: 7623

変化していく本家分家. 2: 江戸大名の本家と分家: 野口朋隆 著: 吉川弘文館:. 書 名 著・編者 出版者 巻 次 1傳統研究 アジア傳統研究所 創刊号 2傳統研究 アジア傳統研究所 第二号 3傳統研究 アジア傳統研究所 第三号. 江戸大名の本家と分家 野口 朋隆/著 家康公伝4 大石 学/編,佐. 野口朋隆/著 ≪再検索≫ 野口朋隆/著 ≪再検索≫ 出版 出版 吉川弘文館 .11 吉川弘文館 .11 大きさ等 大きさ等 19cm 202p 19cm 202p NDC分類 NDC分類 210.

野口 朋隆/著 家康公伝1 大石 学/編,佐. 10月新刊の新書・文庫・選書のなかから気になる本をピックアップ、手元にある本と関連させてみました。今月はちょっと多い。新書 岩波新書「和本のすすめ――江戸を読み解くために」中野三敏中野氏の著書にはほかに「江戸名物評判記案内」「江戸文化評判記」があり、「江戸の本屋〈上. 江戸大名の本家と分家 野口朋隆 : 吉川弘文館: 江戸幕府の日記と儀礼史料: 小宮木代良: 吉川弘文館: 近世の女旅日記事典: 柴桂子: 東京堂出版: 江戸城大奥と立山信仰 福江充: 法蔵館: 近世日蓮宗の祖師信仰と守護神信仰: 望月真澄: 平楽寺書店. 佐賀大学大学院経済学研究科の非常勤博士研究員の野口朋隆さん(40)が『江戸大名の本家と分家』を出版した。 佐賀藩をはじめ全国諸藩の事例を調べ、大名の本家と分家には、従来考えられていた封建的な上下関係として一様にはとらえることができない、多様な関係性が存在したことを明らか. 大名。 日本-歴史-江戸時代。 分類。 ndc8 版:210. 『江戸大名の本家と分家』(野口朋隆、吉川弘文館) なかなか面白かったです。分家というと本家に従属していることが多いのかと思いましたが、そうでもないということが分かりました。 『旗本の経済学』(小松重男、新潮社).

588/ナ/ ほんとうはすごい!. 大名家の本分家関係-プロローグ 全国の大名家における本家と分家(部屋住から分家へ 領地朱印状の拝領をめぐって) 分家をつくる(分家創出の契機 家紋が語るもの 多様な本分家関係) 「同族」関係の維持(将軍綱吉と本分家関係 一族としてのまとまり) 新しい本分家関係-エピローグ. Print Send Mail Export Mendeley Link to this page. 野口, 朋隆: 近世佐賀藩医学の先進性: 青木, 歳幸: 江戸中期の名医・徳永雨卿: 中尾, 友香梨: 佐賀藩和学覚書 : 地域和学史年表を構想して: 白石, 良夫: 他国者が見聞した幕末佐賀藩の教育: 生馬, 寛信: 佐賀藩手明鑓・武藤信邦の生涯: 伊藤, 昭弘. 当日は58 名もの方々が来場されました。なお、図書館に野口朋隆先生の著書『近世分家大名論 佐賀藩の 政治構造と幕藩関係』『江戸大名の本家と分家』(どちらも吉川弘文館より出版)等があります。 ここ こちらは図書館庭 の菜の花です☆. bookfan for LOHACO ストアの商品はLOHACO(ロハコ)で!【内容紹介】 分家大名は、本家を守る藩屏となり、本家当主の継承者にもなった。佐賀藩鍋島家の本分家と幕府との三者関係を、分家の役割、同族結合と主従制、権威の創出など多面的に分析し、幕藩体制の権力構造を総合的に解明する。. 【tsutaya オンラインショッピング】近世分家大名論/野口朋隆 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!本. 家康公伝2 大石 学/編,佐.

5 件名 件名 日本-歴史-江戸時. Bib: BBISBN:Holding items in this series. 江戸開府 : 慶長8年 1603〜元和2年 1616 江戸開府 : 慶長8年1603元和2年1616: 資料形態(詳細): Text: 主題: 徳川, 家康: ISBN:注記: 原文は新訂増補国史大系に収められる『徳川実紀』の本文を使用 その他の編者: 佐藤宏之, 小宮山敏和, 野口朋隆. 歴史春秋出版 本・雑誌・コミック 人文・地歴・哲学・社会の製品価格や機能の比較なら商品価格ナビ。商品価格ナビは欲しい製品の価格最安値やポイントがすぐに比較できます。. 佐賀大博士研究員、野口さん「江戸大名の本家と分家」出版 佐賀大学大学院経済学研究科の非常勤博士研究員の野口朋隆さん(40)が『江戸大名の本家と分家』を出版した。. 近世分家大名論 : 佐賀藩の政治構造と幕藩関係 フォーマット: 図書 責任表示: 野口朋隆著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 吉川弘文館,. /10 その他 史料翻刻「東征日記」 (単著) /10: 17.

近年、大名家の本分家関係について注目したものとして、野口朋隆『江戸大名の本家と分家』(吉川弘文館・歴史 文化ライブラリー 年)などがある。 2. 江戸大名の本家と分家 野口朋隆/著 吉川弘文館 210. 『江戸幕藩大名家事典』上、中、下(全3巻)(小川 恭一/編著、原書房、1992年) 『諸国東照宮の史的研究』(中野 光浩/著、名著刊行会、年) 『江戸大名の本家と分家』(野口 朋隆/著、吉川弘. Find similar Call Numbers : Details. 野口朋隆 佐賀大学地域学歴史文化研究センタ-/佐賀大学地域学歴史文化研究センタ-(岩田書院) /04出版 110p 21cm ISBN:NDC:288. 11 『小城藩日記』にみる近世佐賀医学・洋学史料: 青木歳幸, 野口朋隆 編: 佐賀大学地域学歴史文化研究センター:. 10 図書 お大名の話. 弘年1i727数1川行1月944ジ,吉発02n64ー6 社館20b43ペ8p版文月年s80021出)著(隆朋口野者著近世分家大名論 佐賀藩の政治構造と幕藩関係/野口朋隆【合計3000円以上で送料無料】 。全国総量無料で近世分家大名論,佐賀藩の政治構造と幕藩関係/野口朋隆【合計3000円以上で送料無料】.

5 電子ブック 大名. 野口朋隆 著: 吉川弘文館:. 野口, 朋隆 Catalog. Pontaポイント使えます! | 近世分家大名論 | 野口朋隆 | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 3 『小城藩日記』にみる近世佐賀医学・洋学史料: 青木. さて、野口朋隆著『江戸大名の本家と分家』に次のような記述があります。 「本家を維持していくため、家督相続者が不在となった場合、分家大名家から養子に行くことは珍しいことではなく、江戸時代を通して見られることである。. 近くの請求記号の本を見る : 詳細.

その他の標題: 近世分家大名論: 主題: 大名; 幕藩体制; 日本--歴史--江戸. 近世前期鍋島家の本家・分家関係--幕府・本家からみた分家. 藤田 覚/著 江戸大名の本家と分家 野口 朋隆/著 日本近世の歴史1 藤田 覚/企画編. 5。 ndc9 版:210. 家康公伝3 大石 学/編,佐.

江戸開府 : 慶長8年 1603〜元和2年 1616 江戸開府 : 慶長8年1603元和2年1616: 主題: 徳川, 家康: 分類・件名: ndc8 : 289. 近世大名家の分家「大名」化と幕府年中行事--. 江戸大名の本家と分家 (歴史文化ライブラリ-) 野口. /10 著書 『近世分家大名論』 (単著) /10: 16. ⑧ 野口朋隆 著 『江戸大名の本家と分家』 (吉川弘文館) 家の存続が重要な江戸社会では、養子を認め家 督を相続し、本家が存続できない場合は分家の存 続により家名や血統を連続させてきました。本家 は分家を支配するという考えが一般的ですが、本.

年1版。野口 朋隆 吉川弘文館 帯つき。地に汚れあり。カバーに多少のスレ、キズはありますが、中身状態は並です。. 3 税込0 お取り寄せ: 2. 氏家 幹人/著 日曜日の歴史学正 山本 博文/著 江戸時代来日外国人人名辞典 岩下 哲典/編 図説「侍」入門 江戸大名の本家と分家 - 野口朋隆 : 決定版 : 江. 三田村, 鳶魚雄山閣. 野口朋隆によれば、小城藩は、本家への小物成の一部を 上納する以外、本家の介入を受けない自律的な支配を展開 図2 肥前国における小城藩領 (注)藤野保『佐賀藩』(吉川弘文館、年)2頁を加工。 一三 本庄宿戸谷家の小城藩鍋島家への大名貸(大橋). (江戸時代) の武家領主である将軍家 大 名家などもそうであった。著者は本家 分家とい う視点から、江戸時代の大名家の性格を描き出 す。 対象は北部九州、現在の佐賀県と一部長崎県に 所領を有した鍋島氏である。同氏は関ヶ原合戦時 に西軍方に. 野口朋隆「近世中後期、小城藩主の資質・役割と「生命維持」」『歴史評論』754、年、48–61頁。 佐賀藩の支藩である小城藩は、近世中後期に藩財政の危機に直面していた。そのような窮状を打開するために、小城藩は山内と呼ばれる地域を中心に藩政改革を推し進めていく。.

旗本御家人 : 驚きの幕臣社会の真. 【定価54%off】 中古価格¥850(税込) 【¥1,020おトク!】 江戸大名の本家と分家/野口朋隆【著】/中古本・書籍/ブックオフオンライン/ブックオフ公式通販・買取サイト。1500円以上のご注文で送. 概要:解説書★野口朋隆 佐賀藩鍋島家(35万7000石)においても、江戸時代に分家を創出したが小城鍋島家、蓮池鍋島家、鹿島鍋島家は、将軍とも主従関係を有する大名となった。同じく将軍との主従関係を有する旗本として江戸屋敷の地名から餅木鍋島家と呼ばれた分家もある。こうした佐賀藩.

5。 isbn。。 価格。 &165;1700。 タイトルコード。。 内容紹介。 かつて日本人の意識に密着していた本家と分家の関係。江戸の武家社会では「家」の存続のため、より重要な. Other titles: 近世分家大名論: Subject: 大名; 幕藩体制; 日本--歴史--江戸 時代. 野口 朋隆 著 (昭和女子. 5/ノ/ くじけてなるものか 工藤美代子/編著 幻冬舎 289. 『江戸大名の本家と分家』 (単著) /11: 15. 1 bsh : 徳川, 家康: 注記: 原文は新訂増補国史大系に収められる『徳川実紀』の本文を使用 その他の編者: 佐藤宏之, 小宮山敏和, 野口朋隆.

3 図書 江戸大名の本家と分家. 野口 朋隆 佐賀大学地域学歴史文化研究センター非常勤. 青木, 歳幸(1948-), 野口, 朋隆, 田久保, 佳寛 佐賀大学地域学歴史文化研究センター 3 図書 江戸開府 : 慶長8年(1603)〜元和2年(1616). 野口, 朋隆 書誌id: bbisbn:子書誌情報. 拙著『お家相続』角川書店 年 3. 34/サ/ 秘境ブータン 中尾佐助/著 岩波書店 b292. 近世分家大名論 : 佐賀藩の政治構. 火焔土器の国 新潟を見た人におすすめ.

分家大名は、本家を守る藩屏となり、本家当主の継承者にもなった。佐賀藩鍋島家の本分. 2 形態: 10, 286, 11p ; 22cm 著者名: 野口, 朋隆 書誌ID: BBISBN:. 1/サ/ 埼玉県謎解き散歩 金井塚良一/編著 大村進/編著 新人物往来社 b291. 近世分家大名論 佐賀藩の政治構造と幕藩関係 - 野口朋隆/著 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。宅配もお選びいただけます。.

江戸大名の本家と分家 - 野口朋隆

email: mukat@gmail.com - phone:(332) 440-5367 x 6398

おなかの大きい小母さん - まど・みちお - 古代医療官人制の研究

-> 憲法 - 大林啓吾
-> 1分間 「人間鑑定」 術 - 摩弥

江戸大名の本家と分家 - 野口朋隆 - 秋山豊寛 おじさんはとんだ


Sitemap 1

政治・経済得点源テーマ24の超効率整理で合格を決める 大学入試の得点源 - 内田洋 - 歌川国貞 春情妓談水揚帳